加護亜依ちゃんが、ジャズ雑誌SwingJournal(スウィング・ジャーナル)誌でお褒めのお言葉を

LINEで送る
[`evernote` not found]

 

僕は、沢山の音楽と出会いために、レンタルCD派だ。
なので、解禁されたのかも知れないのですが、洋楽が確か発売後1年はレンタル解禁になってないので、少し遅れて音楽誌を読んでいる。

SwingJournal 2010年4月号
加護亜依のジャズ・ライヴが褒めてあった。

Wikipediaによると、あの喫煙事件後のようであったが、一切、触れられていない。
自殺未遂など、残念な結果となっており、ジャズ活動も停止中のようです。

SwingJournalによると、共演者の強い薦めにより、ジャズ・ヴォーカルを始めたようだが、アメリカで英語から、そしてヴォイス・トレーニングをしただけはあると思う。





宮沢りえなど、映画界など大人の世界では、スキャンダルなど気にせず、登用し続け、成功に導かれた例は少なくない。
本人に、まだその気があるなら頑張っていただきたい。

2012年6月12日(火)
K-I,Kazuo Ito又はTogusa,トグサ

元春レディオショーでは、ちょうど僕の好きなヤードバーズの「For You Love」が、掛かっていた。

Kazuo Ito – Google – 僕は、沢山の音楽と出会いために、レンタルCD派だ。なので、解禁されたのかも知れないのですが、洋楽が… より。

{{insert_meta Amazon 00}}







LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す